So-net無料ブログ作成

復讐と過去への執着 [アドラー心理学]

私は母親を好きになれない。それは恐らくこれからも変わることはないだろう。しかし、母親を憎むのは間違っていると思えるようになった。

小学校6年生頃まで私にとって母親は絶対的な存在であった。幼い頃のことなのであまり鮮明な記憶はないが、1年生の頃から母親に気を使っていたのは覚えている。中学生になって母親に対して疑問を持つようになったが、反抗する勇気は持てなかった(母親にとっては十分反抗していたように見えるだろうが)。それは17歳になった今でも続いているが、約2年前にアドラー心理学に出会い、そして少しずつ実践していくうちにある気付きを得た。

母親を憎むべきではない

一言で言えば、「復讐」だったと思う。よく、「母親の見ているところで幸せになりたくない」と思っていた。それが世間体や見栄のためだとしても、私が幸せになることによって母親も幸せになるのだけは避けたかった。出来損ないの不幸な私を見て、今まで自分がしたことの重さに気付き、一生後悔し続ければいい、そして、母親の見えないところで幸せになることこそが本当の意味での復讐成功だ、そう考えていた。
しかしそうしたところで結局、私が復讐した気になっても母親は何とも思わない可能性だってある。そもそも人を操作することなど不可能なのだからそんなくだらない「復讐」のために(=母親のために)労力を使うのはあまりにも勿体なさすぎる。
そして何よりも、母親を操作するつもりで逆にこちらが操作されていた事実に嫌気がさした。一刻も早く母親から逃れたいがために進路を変え、母親となるべく顔を合さないように生活習慣を変え、母親を悲しませるためにリストカットを繰り返し……。母親から逃げるどころか、全ての選択の中心が母親になっていた。最も忌み嫌っている母親のために膨大な時間を浪費した。これ程までに馬鹿馬鹿しいことってあるだろうか。

母親を嫌う理由

私の母親に対する憎悪の源は全て過去の出来事にある。過去の出来事は今現在の自分に何の関係も無い、それは理解している。だけどその出来事によってひどく傷ついたり、激しい怒りを覚えたりしたのも事実だ。だからそれ以上の苦しみを与えるために復讐を計画していた。

しかし復讐が無意味なものなら母親を嫌う意味も無いのではないかと思い始めた。過去は今と関係ないと分かっていながら過去に執着している矛盾にも疑問があった。そこで、過去の出来事を他の観点から捉えることに挑戦した。

例えば、6年生の頃に母親に友達とのメールを全て見られたことがある。勝手に、ではないけれど当時の私にとっては拒否するという選択肢が無かったので素直に母親に携帯を渡した。この出来事から、「母親は私を信用していない」と捉えることも出来るが「断ることの出来ない自分の弱さを知れた良い機会だった」と捉えることも出来る。
他にも、すぐに感情的になり怒りの力で屈服させようとする母親を「ろくに話し合いも出来ない浅薄な人」から「反面教師に最適な人」と見ることだって出来る。この調子で、思い出せる限りの過去の出来事全てを今までと異なる視点から捉えてみると、不思議と憎悪の念が薄らぐように思えた。

まだ、関係を良くしていこうとは思えないが、母親中心に物事を選択したり、母親の前だけで「失敗作の子供」を演じたりするのはやめようと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。